2007年01月15日

IT万能にあらず…

近年学校や職場や普段の生活でも、もうパソコンやインターネットをある程度使えないと通常の生活が不便になりつつあります。この状況をどう受け止めますか?いやですか? 嬉しいですか?
パソコンやインターネットは私達を豊かにしてくれる半面、時として私達に鋭い牙をむきます。
今や小学生でも自分のホームページを管理し、情報を世界に向けて発信しています。

少し古い話になりますが、小学生が自分のホームページを傷つけられた報復にクラスメイトを殺してしまう痛ましい事件まで起きてます。まったく理解できない事件…で片付けられませんね。
しかし、少なくとも自分のホームページを持っていない人には全く理解できない事でしょう。かといって自分でホームページを管理してる人が理解できるものではありませんが、自分のホームページ持っていればそれを傷つけられる気持ちは理解できると思います。

極端な例を挙げてしまいましたが、もう嫌いでも苦手でも知識として知っていないといけない時代になってしまいました。
必ずしも好きになったり使いこなしたりする必要はないと思います。
生活の道具としてのインターネットを理解する事と利用する事はまた別の話しです。

自転車は使えれば便利ですけど、自転車に乗れない人もいます。乗れなくても生活できますが乗る以上はマナーを守らないといけません。乗らない人もマナーの良し悪しはわかってると思います。
それと同じだと思います。

今や、人の命にかかわらなくてもインターネットによって他人の平穏な生活を乱したり、傷つけたりなどはいたる所で起きる世の中になってしまいました。

インターネットが無くても平気な方は、インターネットがないと生きていけない人の事を理解し、インターネットがないと生きていけない人も、インターネットを不要としている人の考えを理解し合う歩み寄りは必要だと思います。

インターネットを使える事で特権を得るのではなく、使えない人の事を意識して迷惑をかけない義務を課せられると認識しておくべきではないでしょうか。
posted by あきんど2006 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マニア的ネットライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。